浴室における給湯器のトラブルも水漏れ修理業者に依頼

特にお湯が必要とされている場所と言えば、浴室があります。浴室でお湯が使えなくてはお風呂に入れませんから、早急な対処が求められます。水漏れの修理を請け負っている業者に依頼すればすぐに駆けつけてもらうことができますが、その前にエラー表示や細かな状況など確認しておくべき事項があります。

■浴室のお湯が出なくなったら

お風呂に入ろうと思ったら、温水が出ないという事態に陥ることが稀にあります。この際、修理すべきは浴室の蛇口やシャワーではなく、給湯器本体です。給湯器のエラー表示を確認すれば対処方法が分かりますが、電源の入れ忘れや設定上の問題でない場合には、専門業者の出番となります。修理は、水漏れの修理を請け負う会社に依頼できます。給湯器はガスや電気が関係しているため専門的な知識と技術を併せ持ったスタッフが揃っている業者を選ぶのが安心です。修理だけでなく給湯器 交換を取り扱っている業者がおすすめです。


■給湯器の修理と交換

浴室の温水が出なくなって業者に依頼する前に、まず確認しておくべきなのが他の場所では温水が出るのかどうかです。また、冷水は出るのか、コンロは正常に使用できるか等も併せて確認し、依頼の際に業者に伝えておけば、修理がスムーズに進みます。給湯器 交換が必要となることもありますが、この場合は大部分が寿命によるものです。使用年数が2桁になったら修理よりも交換が推奨されますし、劣化による水漏れなどのトラブルも発生しやすくなります。状況によっては修理するより新しく買い替えたほうが安価で済む場合もあります。


■まとめ
浴室で温水が出ないというトラブルが発生した場合、問題があるのは浴室の蛇口やシャワーではなく給湯器本体です。まずエラー表示を確認し、電源の入れ忘れや設定上の問題でなければ修理業者に依頼します。給湯器 交換の目安は使用を開始してから10年以上とされています。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ